2006年12月30日土曜日

2006.12.30  花より団子

今年もクリスマスのころ
神戸にいつもの虹が燈った
鎮魂と復興の想いを託し
あでやかな7色の揺るぎない
しるしとして
ようやくのコーヒータイム
橋じいがこだわる
ワンドリップコーヒーを
登ったものの特権として
山の恵みでいただく
贅沢この上極まりないのである
そして
喉ごしの幸せを味わって 
100万馬力を得たじいたちは
アトムのように
尾根にとりつく急坂を
一気に駆け登った

2年目の納山祭は
今年も香楠荘のうどんすき
(根古峰)という
入ってすぐの角の部屋
そう確か
一年目もこの部屋だったような
そういう巡り合わせなのか
あらためて見渡すと
各部屋に山名が付いている
そうここは山荘なんだ
うどんすきをたらふく食べて
ぞうすいをかけこみ
そば茶をすすった
最後の晩餐かも
などと今年を笑い飛ばし
おひらきに

帰りのみちすがら
来る年を語りながら歩いていると
トチノ木のザンバラ髪の浪人が
クスリと笑った
そうか
山@くらぶの晴れ伝説
と古木の笑顔の意味が
やっと解った気がした
それぞれに
アリガトウまた来るね
姫とじいたちは
心からの微笑みを返した 
(ライネンオコトヲイエバオニモワラウ@ルミナリエと納山祭)♯12

0 件のコメント: