2007年2月12日月曜日

2007.2.12と24 まかふしぎな金剛山  もんじゅ かとら

僕はアントン。 
朝も早よからごはんのオネダリ 
少しだけねむそうだったけどイツモ 
ゲロンパのお掃除とかつお節アリガトウ。
なるべくタオルにするけど
結局汚しちゃうね。
そうそうふたりはいつもの通り
連休のハジメの日だから
山にお出かけしたんだ。
もちろん いつもの金剛山だよ。
朝はゆっくりして10時半に出たから
下りたのは、3時半だって
コーナンとサンプラよって帰ったのは
未だ明るい5時半くらいかな。
天辺の朝は-4°で
お昼は-2°だったって
気温よりズット寒く感じて
ツララもあって沢の水も多くて
手もみしながらのカトラ谷だったって
じいの髭ごりごり抱っこの手は 
真っ赤でめっちゃ冷たかったよ。
でもふたりとも今日は
楽ちんで面白かったって
逆さに行くのもいいもんだ
って、またしても
ヘンテコなふたりなんだ。
それと少し前の12日は
かい&あやと文殊だったって。
姫は
2人だとwやんちゃで心配したけど
ぜんぜんえらい子だったって
ふたり一緒の方が楽かもって、さ。

尻スベリでズボンを
おもっきり汚したふたり。
ママ大変だろうなあって、姫がポツリ。
そんなこんなの2月の山もこれにておしまい。

感想はというと
ことしの雪の少ないまだら模様の金剛山
そこだけ絵の具を塗り忘れたような 
そんな摩訶不思議な冬景色だったらしいよ。
こんな具合にこれからも
(らしさ)が無くなると
さみしい殺風景な冬山なんだ
って、姫の一言が心にしみた2月の
はやくキャラット食べたい
マイネーム、イズ、アントンでした。
(マカフシギノ金剛山@カトラ もんじゅ)♯21

0 件のコメント: