2007年1月21日日曜日

2007.1.21 ふたりでスローな山@くらぶ もんじゅ

思い立ったら吉日。
やみあがりの体にムチ打って
ふたりして山を目指したんだ
はじめの一歩はいつもの金剛山
ようやく
ふたりの山が始まるという感じ
そして、ここはアナクマ
師走のこと
納豆パワーの5才のアヤにひっぱられ
ヤットコサのジィジとチャアチャンだったけど
今回は、勇気百倍、何故か楽ちん
一度ノボッタ者の強味、スイスイのスイである
そして
根性の急坂で、お昼中のオネエサンたちに
ここから登ったんだけど、もの足んなくて
もう一回登るつもりなの
と 呼び止められ、広げた地図を指差して
この道でいいのかな
2回目だけど、とは言えなくて
判りやすい道だから解ると思います
とかなんとか、煙にまいてから
いつものように丸木のベンチでお茶タイム
さっきの人すごいパワーだよね
と 姫と顔を見合わせて゛ニッコリ"
そしてここからは
尾根沿いの冷温かい風を感じながら登ることに
根性の急坂、そして眺めの尾根と続くみち
ここなら 毎週でも登れるね
そやけど 腹八分目ていうやろ
だから もう少しのところでやめておくものさ
またも煙にまいて
それから
タコのように張りつめた根っこの階段を
鼻歌交じりに登りつめると
天辺の朽ちたブナの大木が現れた
ようこそ 今年もよろしゅうな
そう 落雷にやられても ブナらしく
 雪のない金剛桜の頂からは
水平線のオレンジ
ホノカに明日の街を照らしていた

(ふたりでスローな山@くらぶ@もんじゅ)♯15

0 件のコメント: