2006年10月14日土曜日

2006.10.14 峠の青崩

姫とじいたちの住む富田林から
奈良側への山越えには、竹ノ内と
水越という二つの峠がある。
ちょうど南北に 登ってください
と程よい位置にあるのだ。
そして
朝夕の通勤道として日々の移ろいを
楽しませてくれるのだから まったくもって
幸せなジイたちなのである
そんな峠の水越からの
愛と再会の青崩道が始まった。
 姫とじいたちは
ウオーミングアップもそこそこに
迷いの無い
真っすぐ延びた青崩道を入って行く
 金剛岳1125までのアプローチは少し長めの尾根道
一つ目の休憩ポイントまで暫く勾配のある杉と檜の林道を進む
この辺りは気持ちいいほど手入れが行き届いている
間伐作業も頻繁に行われていてお日様も風も適度に
木々たちに生きる活力を与えてくれるているのが分かる
そう野放しの植林は森を死なせてしまうのだから
さてジイたちも
そろそろお疲れ気味に
ここら辺で休憩としましょうか
すると吉備団子がサッと出てくる
それが たまらなく美味しい 
 そして、それぞれ待ち寄ったジイたちの
ココロヅクシ
を ありがたくほうばる 
心もお腹も満足して さあ
これからが胸突き八丁というところ
登り始めが10時半だから
あと少しで半分の葛城山の展望ポイントに辿り着けるのだ
少しずつ高度が上がってゆくと
ゆっくりと紅葉支度が始まりだしていた
今年は例年より少し遅い
やっぱり青崩の魅力は自然道
植林と雑木林が入り混じって花々も
健気に自己主張している
展望の丸木で三回目の休憩
携帯の着信音がする
もしや岡じい しかし繋がらないのである。

(峠の青崩@金剛山)♯2

0 件のコメント: